HOME  生花のブーケ価格表  プリザーブドフラワーのブーケ価格表  押し花額価格表  押し花額ご注文のながれ  お支払い・送料について  お気に入り  

♪ブライダルブーケ&押し花♪
〜ブーケやかわいいウェディングアイテム・プリザーブドフラワーのギフトなどをご紹介しています〜


一度しかない大切な日のためにオリジナルのブーケをつくりませんか?心のこもったウエディングアイテムで思い出づくりのお手伝い・・・! ウェディンググッズの他にも贈り物、記念日、ご自宅のインテリアとして使えるアイテムが盛り沢山★ ご注文を頂いてから製作してお届けとなります。いろいろとご覧になってくださいね★
ホームウェディングの豆知識


  ◆ ウェディングにまつわる豆知識 ◆

      
      花嫁の持つブーケ、花びらに包まれるフラワーシャワーの祝福、私達がさりげなく取り入れている
      アイテムや演出も花嫁の幸せを願って生まれたもの。
  
     その本当の意味を知っていれば感動もひとしおです!そんなちょっとした豆知識をご紹介します。


 
ブーケ&ブートニアの由来

結婚したいと思った彼が恋人に野に咲く花を摘んで花束にしてプロポーズしたのが
ブーケの由来です。
その花束から、花を1輪抜き取って彼の胸に挿します。
彼女が花を挿してくれたら、婚約が成立。これがブーケ&ブートニアのはじまりです。


『彼には、何もいらないわ』という花嫁さまもいらっしゃいますが、
それではプロポーズを受けたことになりません。
ブーケは、プロポーズの証。ブートニアは、それを受けてあなたの妻になるという証。
だから、ブーケ&ブートニアはセットでなくては意味がありません。
必ず、ブーケに使っているお花から1,2輪使って作ります。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 サムシングフォーの由来

『なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しもの、なにかひとつ借りたもの、
なにかひとつ青いもの、そして靴の中には、6ペンス銀貨を』
そんなマザーグースの歌が由来となっているSomthing Four
200年以上前から語り継がれている花嫁さまもゲストの方も
幸せになれるという4つのおまじないです。
それらを結婚式当日に身につけた花嫁は、生涯幸せな結婚生活を送ることが
できるとされています。


★サムシングブルー (花嫁の清らかさと誠実な愛情の象徴)

 青は、『青い鳥』同様、幸せを呼ぶ色と言われており、忠実・信頼を象徴させる色。
 欧米では、聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。
 花嫁の純潔・清らかさを表すことから、サムシングブルーは、人目につかないよう
 身に付けるのが良いとされ、欧米では、ガーターベルトに青のリボンを飾るのが
 一般的です。

★サムシングニュー (新生活における幸せの象徴)

 これから始まる二人の未来そのもの。幸せな毎日が過ごせますようにと願いを
 込めて新しく用意したものをおろします。
 結婚式当日新調するものなら、ドレスからシューズなど何でも良いとされています。

★サムシングオールド (先祖から受け継がれた財産の象徴)

 これから始まる新生活を豊かに送れるように、先祖から伝えられたものを受け継ぎます。
 ヨーロッパでは、祖母や母から譲られたジュエリーが一般的です。
 ウェディングドレスの場合もあります。

★サムシングブロウ (経済的に豊かになる為の隣人愛の象徴)

 幸せな結婚生活を送っている友人などから、その幸福を分けてもらうという意味。
 家族だけでなく、周囲の人々から愛されるというおまじないでもあります。
 友人などから、ハンカチやベールなどの持ち物を借ります。
 ヨーロッパでは、ティアラやベールをつけるのがポピュラーです。

 


  リングピロー

古くはリングピローとは、ボリュームのあるものが定番でした。
挙式後、中の詰め物を減らし、飾りをはずし赤ちゃんが生まれた時に使う

ファーストピロー(まくら)』として使用しました。

最近では、生花やプリザーブドフラワー、ガラスで出来たタイプなど多様化し、
花嫁さまのお好みで選ばれております。
クッションで作られたものも小型化し、ベビーピローに使えるほど大きなものは
見かけなくなりましたが・・・

 


 フラワーシャワー&ライスシャワー

挙式が終わって新郎新婦が教会から出てきた時に花びらをまくフラワーシャワーは、
花の香りでまわりを清め、悪魔から新郎新婦を守るという意味があります。

また、お米をシャワーのように浴びせるライスシャワーは、お米が豊かに実るように、
子孫繁栄に恵まれますようにとの願いが込められています。
  




 トスブーケ ・ ガータートス

★トスブーケ

 ブーケトスは、祝福に来ていただいた女性にも同じように幸せをと花嫁が
 後ろ向きで未婚の女性に投げるセレモニーです。
 花嫁の投げたブーケをキャッチした女性に幸福が訪れる、
 また次の花嫁になれるという言い伝えがあります。

 現在では、挙式で使ったブーケを投げるのではなくトス用に小さいものを
 ご用意するのがほとんどです。
 挙式でお使いのブーケは、お二人の思い出として押し花や立体額へ加工して
 新居のインテリアに、またお母さまやお友達におすそわけするミニタイプも増えています。

★ガータートス

 ブーケトスの花婿版。花嫁のガーターを未婚の男性に投げる儀式です。
 欧米では花婿が花嫁のドレスにもぐりこみ口を使ってガーターを取るのが正統派。
 花嫁の足が見えたり、花婿の照れくさそうな姿が見れたり、
 二次会などの披露パーティーに最適です。
 ガータートスは片方だけ、もう片方は赤ちゃん誕生時のヘアバンドとして残しておきます。
 さすがに日本ではなかなか見かけませんが・・・

 


 アーモンドドラジェ

アーモンドの実を砂糖でコーティングしたお菓子のことで
日本では、ゲストのお見送りなどに配るプチギフトとして人気です。

ローマ貴族であるファビウス家が結婚の内祝いや誕生祝に町中に配ったことが始まり。
アーモンドは枝にたくさんの実をつけることから、古くから子宝に恵まれると言い伝えられ
お祝い事には欠かせないお菓子として愛されています。
ヨーロッパでは、『幸福のため』 『健康のため』 『富のため』 『子孫繁栄のため』
『長寿のため』 との願いを込めて5粒を包むのが一般的です。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス